2013年04月13日

びっくりです!!

久し振りに恐怖を覚える揺れが来ました。
関西では阪神大震災以来の大きな揺れだったと思います。
読んでいただいてる皆様には被害はありませんでしたでしょうか?

たまたま昨晩から電気窯で本焼きをしてました。
4時頃に一度起きて調整をして、もう一度の寝入りっぱなをやられました・・・
いきなりの揺れ・・・二度来ました。
やはり阪神大震災の時の記憶がよみがえり、身構えてました。
しかしすぐに収まりましたので、安堵した次第です。
時間も18年前と同じような時間でしたが、あの時は地鳴りで起きましたから
全く別物だったのでしょう。

篠山市は震度3、三田市は震度4、どちらかというと三田市に近いですので
その中間でしょうか。
それよりも携帯の緊急地震速報にビックリ!!
けたたましく鳴りだしたので、そちらで驚いたかもしれません。
このサービスがはじまって、関西では初めて鳴るのを聞きました。
いや、昨年北朝鮮のミサイルの時に鳴ったかも・・・

窯も無事に焼成でき、一安心です。
posted by 珀耀窯 at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年03月13日

はや3月…

長らくご無沙汰をしてしまいました…
寒い冬もようやく暖かくなってきたかと思うと、また寒さが
戻ったり…
でも確実に春が近づいてきています!

1月末から2月には公募展が続きました。
お陰様で出品した三つの公募展に入選することが出来ました。
日本陶芸展、第1回陶美展、日本伝統工芸近畿展です。
日本陶芸展は4月上旬に東京大丸、中旬に心斎橋大丸で、
陶美展は5月1日から日本橋島屋で、
日本伝統工芸近畿展は4月後半にJR大阪三越伊勢丹で、
5月には京都島屋で開催されます。

第1回陶美展は事務局の一人として、お手伝いをさせていただいてます。
現在は会期に向けての展示に関する準備や、図録制作を進めています。
何かと良い勉強になってます。
5月には良い展覧会が開催できるように頑張ります!!

2月に東京でのお手伝いを終えての帰り、久しぶりに
きれいな富士山が車窓から見えました。
20130313.jpg

また、今週からニューヨークでの展覧会が始まります。
アジア・ウィークという東洋の美術品を紹介するイベントです。
本当はNYへ出かけて行き、どんな反応があるのか確かめたかった
のですが、残念ながら丹波にいます…
http://toubiten.jp/event.html

暖かくなると作業の工程が速くなってきます。
うっかりしないように気を引き締めて頑張ります。

posted by 珀耀窯 at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 陶芸の出来事

2013年01月26日

ありがとうございました

岡山天満屋での二人展が無事終了しました。

初めて岡山では展覧会をさせていただきましたが、
伊勢ア先生、外舘先生にお越しいただいてのギャラリー
トークには席が足らないほどの方にお聞きいただき、
ありがとうございました。
陶芸関係の皆様も遠くからわざわざお越しくださり、
感謝の念で一杯です。
また酒井さんともご一緒させていただける機会があればと
思っております。楽しく一週間を過ごさせていただきました。

20130126.jpg

帰ってくると、諸々の公募展も間近に迫ってます・・・
間に合うのかと思いつつ、間に合わせねばと切り替えて
制作します。二月に三カ所、どうなりますことやら・・・

その前に今日からは恒例の伊丹での陶芸教室がはじまります。
ご参加いただく方には色化粧を用いた器作りに挑戦していただきます。
カラフルな器が暖かくなった頃には完成することでしょう!
行ってきます!!

posted by 珀耀窯 at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会

2013年01月13日

遅ればせながら・・・

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

大晦日にブログを書いて以来、正月も地元の
神社の当番をこなしつつ、岡山での二人展の仕事を
していました。
20130101.jpg

先週は毎年恒例の「十日戎」にだけはしっかりとお参り
してきました。
20130109.jpg

今日、最後の上絵窯を焼き終え、あとは出品の準備を整えて
火曜日から岡山に向かいます。
19日(土)には備前焼の人間国宝・伊勢ア淳先生と、美術評論家の
外舘和子先生をお迎えし、酒井さんとともにギャラリートークを
開催いたします。
どんな内容になるか、私もまだわかりませんが、外舘先生の進行で
楽しい内容になると思っています。

20130113.jpg

お近くの方には御来場賜れば光栄です!

posted by 珀耀窯 at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年12月31日

大晦日

ブログから長らくご無沙汰しておりました・・・
気がつけば、大晦日・・・
丹波の山もすっかり冬景色。
明日からはまた寒くなりそうです。

20121231-2.jpg

20121231.jpg

今年は一年があっと言う間でした。
一年間行事をこなせるかと思っておりましたが、なんとか過ごせました。
明日朝、元旦には地元の住吉神社の当番で、初詣の皆様を迎えます。
これもあと一週間でお役目が終わります。

1月16日からは岡山天満屋で美濃の酒井博司さんとの二人展があります。
お正月もすぐに仕事をしなければ・・・

一年たいへんお世話になりました。
新しい年もよろしくお願いいたします。
皆様、良い新年をお迎えください!
posted by 珀耀窯 at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節の出来事

2012年10月23日

伝統工芸展、そして陶器まつり・・・

10月に入ってから毎日のように所用があり、慌ただしかったのですが、
昨日でようやく一区切りがつきました。

この一週間、大阪駅のJR大阪三越伊勢丹で日本伝統工芸展大阪展が
開催されました。
初日が当番でしたので、百貨店開店前の開会式から出席しました。

20121022-1.jpg

17日の当番の際には生憎の雨模様にもかかわらず、多くの方が御来場くださいました。
お知り合いの皆様にも多く御来場いただきました。ありがとうございました。

そして、土日には「陶器まつり」がありました。
今年は4年に一度の実行委員でしたので、4月から準備にあたり6ヶ月、ようやく
終了しました。
木曜、金曜の準備から昨日の片付けまで5日間、疲れました・・・
土日は交通担当でしたので、交通整理から、駐車場の巡回と休む間もない状態でした。
お陰様で天気に恵まれ、多くの皆様にお越しいただきました。ありがとうございました。
余裕がなくて、写真を撮るのを忘れてました・・・

昨日は陶器まつり片付けの後、電車に飛び乗り、伝統工芸展の片付けへと向かいました。

20121022-2.jpg

皆さん手慣れておられますので、あっと言う間に片付けも終わりました。
私の作品はこのあと、金沢、仙台、松江、高松、松山と旅していきます。
また来年も展示していただけるように、頑張っていかねばと思っております。
ご高覧、御来場ありがとうございました。
posted by 珀耀窯 at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 陶芸の出来事

2012年10月09日

伝統工芸展京都展

今日は日本伝統工芸展京都展の展示作業に京都島屋まで
行ってきました。

今年も10月に入り、丹波では黒豆の季節になりました。
篠山市内を西から東に通り抜けますが、国道沿いの田んぼでは京都境まで
黒豆の枝豆販売テントが途切れることなく続いてました。
年々販売してる農家が増えてるような・・・そんなことは無いのでしょうが・・・

今年の京都展は昨年までと違い、展示方法が劇的に変わりました!
今までは少し段差のある平台が大きく2カ所で、作品を見渡せる造作でした。
担当の皆様のご尽力により、作品がより一層栄える展示になりました。
明日からのお客様の反応が楽しみです。

20121009.jpg

来週月曜日(15日)までです。
その後、17日からはJR大阪三越伊勢丹に巡回します。
大阪展の初日には会場当番に参ります。(10:00~17:00)

陶器まつりも20,21日に迫ってきました。
今週から来週末まではちょっと大変です・・・
posted by 珀耀窯 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会

2012年09月22日

第59回日本伝統工芸展開幕!

表記の展覧会に行ってまいりました。
今年も東京・日本橋三越を皮切りにはじまりました!

20120921.jpg

伝統工芸展は陶芸だけでなく、7部門にもわかれた工芸を網羅する公募展です。
今年は59回展です。私の初入選は50回展。途中一度落選して、今年で9回目。
毎年東京で開催される「陶芸部会研究会」にも参加させていただいてます。

研究会は鑑査・審査をしていただいた陶芸家、学識者の先生方が前方に座られ、
鑑審査の今年の経過の報告と、作品の傾向等、感じたことをお話しされます。
今年の鑑審査の先生方を見ますと、この10年で随分と若返った感があります。

右も左もわからずに参加した初入選の時、数少ないお知り合いの先生に多くの
陶芸家をご紹介をいただき、お話しをさせていただいて10年。
ようやくお話しできる先生方も多くなって、楽しむことが出来るようになりました。

実は出品をはじめた頃に、この研究会に行ったことがありました。
もう20数年前です・・・
この研究会に参加したのはある先生が大阪で個展をされてて、拝見した時に
「是非参加しなさい」と言っていただいたからでした。
先に書いた50回展の初入選の時、大変喜んでくださいました。
こんな出会いがあったからこそ、今があります。本当に感謝の念でいっぱいです。

今年の研究会ではある鑑査の先生から「マンネリ」という言葉についてのお話しがありました。
同じことを繰り返してし、変化もしないとなると、作品にも魅力がなくなります。
しかし工芸・陶芸は技術の蓄積がないと表現できません。
このあたりのせめぎ合いを自分なりに消化して、新たな作品が作れるように頑張ります。

もう60回展に向けた時間がはじまってます。
posted by 珀耀窯 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会

2012年09月16日

異業種交流

9月に入り、少しずつ秋らしさが出てきてます。
しかし日中はまだまだ暑いです・・・

一昨年あたりから神戸にお店を構えておられる「和菓子屋」の
皆さんと交流を持たせていただいてます。
今回、私よりずっと若い世代の和菓子職人さんの作られる
「工芸菓子」の器に使っていただきました。

20120916.jpg
「桔梗」はお菓子で出来てます。
お皿の上のお饅頭は本物です!
お店は神戸市北区鈴蘭台にある「のぼり屋」さんです。
http://whitechocolate.dyndns.org/~noboriya/
お近くの方はのぞいてみてください。

9月に入りと書きましたが、もう後半ですね・・・
来週からは東京の日本橋三越で伝統工芸展が開幕し、
その後、名古屋、京都、大阪へと巡回します。
大阪展の初日10月17日(水)は会場当番です。
これから忙しい季節に突入します!

posted by 珀耀窯 at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 陶芸の出来事

2012年08月22日

伝統工芸展結果発表!

今日、第59回日本伝統工芸展の入選者発表がありました。
今年も入選させていただくことが出来ました!
日頃よりご指導、ご支援をいただいております皆様方のお陰と
感謝を申し上げます。

20120822.jpg

早いもので初入選から10年になりました。
途中第54回展は落選でしたが、9回目の入選になります。
(その前に14回落選してます・・・)
10年前までは、このように連続で入選できるようになれるとは
想像すら出来ない厳しい時代でした・・・
個展やグループ展も色々とさせていただけるようになりました。
本当に多くの方々に支えていただき、「今日がある」と思っております。
ありがとうございます。
気を抜けば、また厳しい時代に逆戻りしてしまいます。
今後とも研鑽をしてまいりますので、変わらぬご指導、ご支援を
お願い申し上げます。

さて、本日より日本橋高島屋6階工芸サロンで「陶美展選抜展」が
はじまりました。
http://www.takashimaya.co.jp/tokyo/event/index.html#os885

20120822-2.jpg

「陶美展」は来年より新たにはじまる陶芸公募展です。
会場は日本橋高島屋美術フロア、会期は来年5月のGWになります。
人間国宝(重要無形文化財保持者)の先生方6名をはじめ、そうそうたる
陶芸家の先生方が会員として在籍される陶芸団体です。
そのお披露目としての展示になります。
愚作も恐れ多いのですが、展示させていただいております。
機会がございましたら、是非ご覧くださればと思います。

8月も残り少なくなりました。
朝晩は多少涼しくなってきました。
稲穂は黄金色に色づきはじめ、まだ赤くない赤とんぼが飛び始めました。
実りの秋は少しずつ近づいてきてます。
posted by 珀耀窯 at 23:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 陶芸の出来事