2014年01月17日

本年もよろしくお願いいたします

新しい年がはじまり、早半月が過ぎてしまいました・・・

先日、優秀賞をいただいた「現在形の陶芸 萩大賞展V」の表彰式に
山口県の萩市へ行って来ました。
hagi2014.jpg

展覧会の入賞、入選の皆さんとお話が出来、有意義な旅となりました。
6年前の第一回展で準大賞をいただき、作品を萩美術館に収蔵いただきました。
そのあと公募展での良い結果をいただきました。
今回もこの結果を活かせるように頑張ってまいりたいと思っております。

2月には年末のブログにも書きましたが、第2回陶美展もあります。
また水戸京成百貨店での陶美展選抜展にも出品させていただきます。
keisei.jpg

人間国宝の先生方をはじめ、多種多様な選抜展です。
お近くの方は是非ご高覧いただければ幸いです。

寒い季節ではありますが、制作に取り組んでまいります。
本年もご指導、ご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。



posted by 珀耀窯 at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 陶芸の出来事

2013年10月21日

陶器まつり終了

今年の陶器まつりも無事終了しました。
連日すっきりとしない天気で、日曜日はお昼頃に結構雨脚も
強くなりましたが、多くの方にご来窯いただきました。

20131020.jpg

昨年は2日間ともに交通整理に出ていましたので、窯の方に
居りませんでしたが、今年は多くの方とお話をさせていただきました。
「毎年楽しみにしています」というような、ありがたいお言葉もいただき、
たいへん嬉しく思っております。
お足元の悪い中を、ありがとうございました。

明日は火曜日からはじまる、神戸・ポートピアギャラリーでのグループ展の
展示作業と、夕方にはJR大阪三越伊勢丹での伝統工芸展の撤収作業です。
陶芸のグループ展は何度もありましたが、このような他分野の工芸の
皆さんとの展示は大変楽しみです。
ポートピアホテル内のギャラリーですので、新神戸駅や三宮駅から無料の
シャトルバスがご利用いただけます。
http://www.portopia.co.jp/access/bus.html

南の海上に大変大きな台風が控えていることが心配ですが、兵庫県内にも
色々な工芸があることを多くの方にご覧いただけたらと思っております。
22,23,25,27日と在廊する予定です。

丹波の山も少し色づきはじめました。朝晩も冷え込んできています。
皆様もお風邪などひかれないようにお気を付けください。
posted by 珀耀窯 at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 陶芸の出来事

2013年09月07日

秋になりました

この前の書き込みが5月のGWでしたから、4ヶ月ぶりになってしまいました。

遠ざかってた言い訳になりますが、使用していたパソコンが2台ともに
不調になり、ともにWindowsXPから、Windows7とWindows8に構築しなおしました。
特にWindows8は使い勝手が悪く、以前からのソフトが動かないのをどうするか
などと、あれこれ考えていたら今頃になりました。
ようやくHPを更新することが出来ました!

今年も日本伝統工芸展に入選することが出来ました!
これもご支援をいただいております皆様のお陰です。ありがとうございます。
年々入選することが厳しい展覧会になっています。
技術的な向上はもちろんのこと、より良い作品を作り出せるように頑張って
いかなければと思っております。

20130907.jpg

さて、伝統工芸展は今月18日から東京、日本橋三越にて開催されます。
その後、京都、大阪へと巡回します。
大阪会場の際には会場当番もありますので、決まりましたらご報告いたします。
その他に今月から来月には企画展が続きます。

今月24日からは神戸そごう催会場にて日本陶芸美術協会の選抜展があります。
人間国宝の先生5名を含む43名の作品展です。
美術画廊では総勢77名での香炉展も開催します。
陶芸だけで、この規模の展覧会をご覧いただく機会はそうそうないと思います。
是非ともご高覧賜りますよう、お願いいたします。

10月には同じ神戸そごうでの神戸ビエンナーレのイベントの一つとして、
兵庫県工芸美術作家協会の展覧会があります。

10月22日からは神戸ポートピアホテル内にあります、ポートピアギャラリーで
工芸作家6名の展覧会をいたします。
日本伝統工芸展に出品されている兵庫県在住の皆さんで、お会いしたときに「一緒に
展覧会が出来たら」とお話ししてたのが、現実になりました。
完成度の高い、漆芸、人形、木工の皆さんの作品を拝見して、良い刺激をいただきたい
と思っています。伝統工芸展は見られない、身近な小品も皆さん出品予定です。
出品者6名とも今年の伝統工芸展に入選しています。京都高島屋、JR大阪三越伊勢丹にて
作品をご覧いただけます。

告知ばかりになりましたが、またここにも書き込んでいきたいと思います。
よろしくお願いいたします。


posted by 珀耀窯 at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 陶芸の出来事

2013年05月03日

陶美展がはじまりました

月を跨ぎ、第1回陶美展の陳列、表彰式、懇親会等々に行ってまいりました。
いつものホテルも今回は眺めの良い部屋で、目の前にスカイツリーが…

20130502-1.jpg

展示作業は出品者の有志が10名ほど集まってくださいました。
入選作品が158点あり、並ぶのだろうかと心配しながらの作業でしたが、日本橋島屋の
閉店時間ギリギリには何とか終了しました。
もっと皆さんの作品が見栄えのする展示があるとは思いますが、第一回展で勝手もわからずの
作業でしたので、ご容赦いただきたいと思います。

初日には表彰式、懇親会がありました。
こちらも大変多くの出品者、関係者の皆さんがお越しくださいまして、厳粛な中にも
大変盛大な式典が出来ました。
これだけ多くの方がご参加いただけるとは思っていませんでしたので、嬉しい悲鳴で
はじまっても走り回っていて、表彰式をゆっくりと観ることが出来ませんでした…

先日も書きましたが、この日まで多くの方にご協力いただき、展覧会を無事に開会できました
ことに御礼と感謝を申し上げます。
会期は7日まで続きますが、東京近郊の皆様に会場当番をお願いし、帰宅しました。

もう第2回展に向けての準備も始まりました。
早めに要項も作ります。
そして陶美展の展覧会を各地で開催する準備も進めています。
また具体的に決まりましたら、お知らせいたします。

posted by 珀耀窯 at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 陶芸の出来事

2013年03月13日

はや3月…

長らくご無沙汰をしてしまいました…
寒い冬もようやく暖かくなってきたかと思うと、また寒さが
戻ったり…
でも確実に春が近づいてきています!

1月末から2月には公募展が続きました。
お陰様で出品した三つの公募展に入選することが出来ました。
日本陶芸展、第1回陶美展、日本伝統工芸近畿展です。
日本陶芸展は4月上旬に東京大丸、中旬に心斎橋大丸で、
陶美展は5月1日から日本橋島屋で、
日本伝統工芸近畿展は4月後半にJR大阪三越伊勢丹で、
5月には京都島屋で開催されます。

第1回陶美展は事務局の一人として、お手伝いをさせていただいてます。
現在は会期に向けての展示に関する準備や、図録制作を進めています。
何かと良い勉強になってます。
5月には良い展覧会が開催できるように頑張ります!!

2月に東京でのお手伝いを終えての帰り、久しぶりに
きれいな富士山が車窓から見えました。
20130313.jpg

また、今週からニューヨークでの展覧会が始まります。
アジア・ウィークという東洋の美術品を紹介するイベントです。
本当はNYへ出かけて行き、どんな反応があるのか確かめたかった
のですが、残念ながら丹波にいます…
http://toubiten.jp/event.html

暖かくなると作業の工程が速くなってきます。
うっかりしないように気を引き締めて頑張ります。

posted by 珀耀窯 at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 陶芸の出来事

2012年10月23日

伝統工芸展、そして陶器まつり・・・

10月に入ってから毎日のように所用があり、慌ただしかったのですが、
昨日でようやく一区切りがつきました。

この一週間、大阪駅のJR大阪三越伊勢丹で日本伝統工芸展大阪展が
開催されました。
初日が当番でしたので、百貨店開店前の開会式から出席しました。

20121022-1.jpg

17日の当番の際には生憎の雨模様にもかかわらず、多くの方が御来場くださいました。
お知り合いの皆様にも多く御来場いただきました。ありがとうございました。

そして、土日には「陶器まつり」がありました。
今年は4年に一度の実行委員でしたので、4月から準備にあたり6ヶ月、ようやく
終了しました。
木曜、金曜の準備から昨日の片付けまで5日間、疲れました・・・
土日は交通担当でしたので、交通整理から、駐車場の巡回と休む間もない状態でした。
お陰様で天気に恵まれ、多くの皆様にお越しいただきました。ありがとうございました。
余裕がなくて、写真を撮るのを忘れてました・・・

昨日は陶器まつり片付けの後、電車に飛び乗り、伝統工芸展の片付けへと向かいました。

20121022-2.jpg

皆さん手慣れておられますので、あっと言う間に片付けも終わりました。
私の作品はこのあと、金沢、仙台、松江、高松、松山と旅していきます。
また来年も展示していただけるように、頑張っていかねばと思っております。
ご高覧、御来場ありがとうございました。
posted by 珀耀窯 at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 陶芸の出来事

2012年09月16日

異業種交流

9月に入り、少しずつ秋らしさが出てきてます。
しかし日中はまだまだ暑いです・・・

一昨年あたりから神戸にお店を構えておられる「和菓子屋」の
皆さんと交流を持たせていただいてます。
今回、私よりずっと若い世代の和菓子職人さんの作られる
「工芸菓子」の器に使っていただきました。

20120916.jpg
「桔梗」はお菓子で出来てます。
お皿の上のお饅頭は本物です!
お店は神戸市北区鈴蘭台にある「のぼり屋」さんです。
http://whitechocolate.dyndns.org/~noboriya/
お近くの方はのぞいてみてください。

9月に入りと書きましたが、もう後半ですね・・・
来週からは東京の日本橋三越で伝統工芸展が開幕し、
その後、名古屋、京都、大阪へと巡回します。
大阪展の初日10月17日(水)は会場当番です。
これから忙しい季節に突入します!

posted by 珀耀窯 at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 陶芸の出来事

2012年08月22日

伝統工芸展結果発表!

今日、第59回日本伝統工芸展の入選者発表がありました。
今年も入選させていただくことが出来ました!
日頃よりご指導、ご支援をいただいております皆様方のお陰と
感謝を申し上げます。

20120822.jpg

早いもので初入選から10年になりました。
途中第54回展は落選でしたが、9回目の入選になります。
(その前に14回落選してます・・・)
10年前までは、このように連続で入選できるようになれるとは
想像すら出来ない厳しい時代でした・・・
個展やグループ展も色々とさせていただけるようになりました。
本当に多くの方々に支えていただき、「今日がある」と思っております。
ありがとうございます。
気を抜けば、また厳しい時代に逆戻りしてしまいます。
今後とも研鑽をしてまいりますので、変わらぬご指導、ご支援を
お願い申し上げます。

さて、本日より日本橋高島屋6階工芸サロンで「陶美展選抜展」が
はじまりました。
http://www.takashimaya.co.jp/tokyo/event/index.html#os885

20120822-2.jpg

「陶美展」は来年より新たにはじまる陶芸公募展です。
会場は日本橋高島屋美術フロア、会期は来年5月のGWになります。
人間国宝(重要無形文化財保持者)の先生方6名をはじめ、そうそうたる
陶芸家の先生方が会員として在籍される陶芸団体です。
そのお披露目としての展示になります。
愚作も恐れ多いのですが、展示させていただいております。
機会がございましたら、是非ご覧くださればと思います。

8月も残り少なくなりました。
朝晩は多少涼しくなってきました。
稲穂は黄金色に色づきはじめ、まだ赤くない赤とんぼが飛び始めました。
実りの秋は少しずつ近づいてきてます。
posted by 珀耀窯 at 23:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 陶芸の出来事

2012年07月13日

ホームページが少し変わりました!

暑中お見舞い申し上げます。

長らく作品写真も何も変更もせず、そのままになってました・・・
ようやく少し変更しましたが、変更作業をしていて全体のバランスが
狂ってきはじめ、元に戻すのが大変でした。
ちょっと変な箇所があるかもしれませんがお許しください。
なれないことをするといけませんね・・・
よろしかったらご覧ください。

日本伝統工芸展も申し込み締め切りになり、何とか今年も出品出来ました。
結果は8月下旬。
落ち着かない日々が続きます・・・

20120713.jpg
posted by 珀耀窯 at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 陶芸の出来事

2011年10月17日

陶器まつり終了しました・・・

15,16日と丹波では陶器まつりがありました。

今年は先週から伝統工芸展の京都展、陶器まつり、個展、
そして伝統工芸展の大阪展と続くスケジュールでてんてこ舞い
でした。

金曜日の土砂降りが夜中まで続きましたが、土曜日はくもり。
そして土曜日の夜にも雨脚が強くなってましたが、日曜日は
朝から太陽が顔を出し、良い天気になりました。

20111016.jpg

二日間、珀耀窯にも多くのお客様が来てくださいました。
毎年必ずお越しくださるお客様もいらっしゃいます。
ほんとうにありがとうございます。

陶器まつりも終了し、明日は午前中にはまつりの片付け、
そして夕方からは高槻西武での個展の展示です。
ようやく個展の準備も出来ましたが、先週からはじまった
中国自動車道の集中工事による渋滞だけが心配です。

火曜日午後にはJR大阪三越伊勢丹では初めての、日本伝統工芸展の
陳列作業があります。
金曜日(21日)の午後からは会場当番です。

是非、ご高覧くださいませ!
posted by 珀耀窯 at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 陶芸の出来事

2011年08月27日

慣れないこと・・・

水曜日(24日)に日本伝統工芸展の結果発表がありました。
お陰さまで今年も入選をさせていただきました。
ありがとうございました。

今年で8回目の入選になりました。
落選が続いても、入選させていただいても、毎年8月の
結果発表に慣れることはありません・・・
一年一年、試行錯誤を繰り返しながらより良い作品を
作れるように頑張ります。

晴れ今日は朝から自治会の河川堤防の草刈り。
かれこれ20年は使ってる「草刈り機」ですが、今日の
ために昨日試運転をと思い、エンジンをかけるもかからず・・・
何度やっても、手に豆を作っても、かからず・・・
近所の方にみていただくもかからず・・・

仕方なく農機具屋さんへ行きました。
ドライバーを取り出しゴソゴソと思ったら、すぐにブォ〜ン!?
原因は小さなエンジンから出てるマフラー(排気口)に
「小さな蜂の巣」!?
そんなことがよくあるらしく、すぐに原因を特定してました。
さすがにプロですね!そして機械をバラしてないから代金も
いらないと・・・さすがプロ!!ありがとうございました。
20110827.jpg

慣れない機械を使い、草を刈るも「刈刃」はボロボロ・・・
素人が使うとうまくいきません・・・
疲れましたふらふら
posted by 珀耀窯 at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 陶芸の出来事

2011年07月20日

伝統工芸展作品発送

こちらでは台風は思ったほど風も雨も強くなく、
過ぎていきました。

第58回日本伝統工芸展の作品出品のため、京都まで
行ってきました。
影響を心配してましたが、朝10時過ぎに家を出る頃には
天気も回復してきました。

伝統工芸展の出品方法は、作品を受付期間に千葉の搬入場所に
送る方法と、千葉の搬入場所に直接持ち込んで出品する方法が
ありますが、近畿地方では以前から京都で作品を集めて合同で
搬入する方法がありました。
今年は二つめの直接持ち込みの方法が諸般の事情により出来なく、
今日の京都での近畿支部合同搬入が最終の出品方法になりました。

長〜い落選期間も含めて、今までこの合同搬入で出品したことが
ありませんでしたので、今回初めてこの方法を利用させて
いただきました。
それと事務的な受付作業も手伝わせていただきました。

受付時間(2時間)の間に、京都を中心に多くの陶芸作家の
皆さんが作品を持ち込まれました。
すべて輸送出来る状態に梱包されてますので、中の作品はわかり
ませんでしたが、一年間の集大成的な公募展です。
来月下旬には結果が出ます!
暑くて長い、毎年落ち着かない一ヶ月がはじまります・・・

京都の街も台風一過、夕方にはきれいな青空がのぞいてました。
20110720.jpg
posted by 珀耀窯 at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 陶芸の出来事

2011年06月18日

窯詰め

六月も後半です。
個展も近いのですが、日本伝統工芸展も近い・・・

梅雨も真っ盛り・・・なかなか乾きませんでしたが、
ようやく乾燥だけは出来ました!
これから素焼き、表面細工、本焼き、上絵と続きます。
個展でしばらく留守にするし、間に合うのかを逆算しながらの
毎日です。
窯だって電気窯は13kwという、そう大きくもないものだし、
素焼きも一つずつしか出来ません・・・厳しいです。

先月末に終わった、陶芸教室受講の皆さんの作品を焼くのに
ガス窯を詰めました。
全ての作品が入ったわけではありませんが・・・
20110618.jpg
個展の作品も少し・・・

しばらくカレンダーとにらめっこが続きます・・・
posted by 珀耀窯 at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 陶芸の出来事

2011年06月01日

九谷へ

5月29日まで開催いたしました、「現代九谷陶芸展」も
30日に作品の撤収作業をもって終了いたしました。
会期中多くの方にご覧いただきまして、ありがとうございました!

31日にはこの展覧会の運営に関わったメンバー6名で
お借りしてました作品をお返しに行ってきました。
朝7時半出発、舞鶴若狭自動車道で終点の小浜西ICまで快調に進みました。
が、ここでICを出ると車が進まない???
「道路工事でもしていて混んでるのか?」と思いつつ、すぐに
快適なドライブになるだろうと思っていました。
これが甘かった・・・なんと2kmを進むのに一時間!
原因は台風にともなう豪雨のため、海沿いの路肩が崩れたために
復旧作業をして、片側相互通行になってました。
この距離、ほんの10数m・・・
しかし反対車線はもっと長い渋滞が・・・

いきなり躓きましたが、5時間をかけて小松市に到着しました。
まず徳田陶房に作品をお返しして、工房を拝見しました。
20110531.jpg
磁器の工房は大変きれいに整理され、私の工房の煩雑さを悔いました・・・
もっときれいにしなければ!

そして錦山窯へも作品をお返しして、こちらでも工房を拝見して
帰路につきました。

到着から帰路につくまでお忙しい中をご案内いただきました、
高さん、田村さんには大変お世話になりました。
ありがとうございました。
慌ただしい日帰りでしたが、有意義な九谷への短い旅でした。

日付は変わりましたが、明日は伝統工芸近畿展の大阪展前半の
展示作業です。
大阪守口市にある、京阪百貨店に行ってきます!
posted by 珀耀窯 at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 陶芸の出来事

2011年05月16日

ゼーゲルコーン

陶芸で窯を焼くときには温度計を使います。
特殊な高温を計る温度センサー「熱電対(ねつでんつい)」を
窯に差し込み、デジタル温度計(昔はアナログでした・・・)で
窯内部の温度を見ながら焼きます。

温度計があってそれを見ながら焼くのですから、それで温度は
わかるのですが、それと共に温度を関知する「ぜーゲルコーン」
なるものがあります。
これを立てて窯に入れ、熱量によって指定温度になると写真左のように
倒れていきます。
20110516.jpg

何だ?温度計があるならそれを見てたらわかるじゃないか!
と思うのですが、若い頃の仕事場の温度計がアナログで、その表示温度が
いい加減な状態だったのです。
その時から温度計と「ゼーゲルコーン」を窯焼きには併用するように
なりました。
今ではデジタル温度計を使っており、無くても良いのですが、無いと
何となく不安で、窯焼きの「お守り」みたいなモノでした・・・

ここからが本題!
この「ゼーゲルコーン」がなくなってきたので、陶芸材料屋さんにお願い
しましたら、在庫が無くなってると・・・
原因は「東日本大震災」???「お守り」が無くなる?
これを作ってるところがなんと福島第一原発の避難区域にあるそうなんです。
そんなわけで次はいつになったら入荷するかわからないとのこと・・・

東京のK山さんに聞きますと、震災直後から関東では製造できないから無くなるよ。
必要な人は買っておいた方が良いよと広まってた様子・・・
なんかペットボトルの水や、乾電池みたいです。

いろいろとあたって、しばらく使える分は確保できました。
そして、その代替品として「オルトンコーン」(アメリカ製)があります。
同じ働きをするものなので、しばらくしたら試してみようと思ってます。
ひとまず安心ですが、震災の影響がこんなところにも出ています。
代替品というよりも、福島の製造元が一日も早く元に戻ってもらえたらと
思います。

posted by 珀耀窯 at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 陶芸の出来事

2011年05月03日

ゴールデン・ウィーク

先月末からはじまったGWも早中盤・・・

今日は兵庫陶芸美術館で開催中の「三代徳田八十吉展」の
企画事業で四代徳田八十吉さんと館長、朝日新聞の方の
鼎談がありました。

天気も黄砂で霞んだ感じでしたが、何とか持ちこたえて
多くの方が訪れておられました。
美術館のウッドデッキではコンサートが開かれ、庭の木々の
緑も鮮やかです。
20110503-1.jpg
20110503-2.jpg

四代八十吉さんの人気で開演30分前には満席!
補助席を作っていただき、何とか聞くことが出来ましたが、
たくさんの人が入れなかったようです・・・
こんなことは初めてでした・・・

四代八十吉さんには陶の郷で開催中の「現代九谷陶芸展」にも
作品を出品いただいてます。
今月29日まで開催中です。
是非丹波へお出かけの際にはご覧ください!




posted by 珀耀窯 at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 陶芸の出来事

2011年01月10日

再びルーシー・リー展、そして・・・

昨日は伊丹市立工芸センターの陶芸教室の初回でした。
今回は趣向を変えて、初回は大阪の東洋陶磁美術館で
開催中の「ルーシー・リー展」を見学に行きました。

20110108.jpg

昨年末に一度下見を兼ねて行きました時は来館者も少なく
ゆったりと見学できるだろうと思ってました。
しかし、三連休の初日の土曜日、多くの方が訪れていました。
受講の方々とお話しをしながら見学しようと思ってましたが、
残念ながらそれも難しい状態でした・・・

来週から実際の教室がはじまります。
みなさん展覧会を観て良い刺激があったのではと思います。
今回は大変多くの方に申し込みいただき、ご参加いただけなかった
方にはお詫び申し上げますとともに、こんな時代にたいへん
有り難いことだと思っております。

そして今日は「えべっさん」に行ってきました。
明日10日が本戎、今日は宵戎でした。
いつもの三田市のえべっさんに行きましたが、例年と違い
大勢の人がお詣りされてました。
地元の方が振る舞いをしたり、屋台が出たりと、昨年よりも
賑やかになってました!
20110109.jpg
posted by 珀耀窯 at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 陶芸の出来事

2010年12月04日

第72回一水会陶芸部公募展

一昨年、昨年と賞をいただきましたが、今年も一水会展で「木下記念賞」を
いただきましたぴかぴか(新しい)

出品をはじめたのが20代後半からでしたから、かれこれ20数年になります。
そして、一水会陶芸部の会員にも推薦いただけることになりました!
伝統工芸展とともに一番長く出品させていただいてます公募展ですから
大変光栄なことです。
ご指導、ご支援をいただいてます皆様に御礼を申し上げます。

8日より東京・池袋西武にて展覧会が開催されます。
また後日ご報告いたします。
posted by 珀耀窯 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 陶芸の出来事

2010年11月30日

もう師走・・・

なんだかいつの間にか、明日から12月です。
歳とともに月日の流れが加速してるように感じます。
2月の展覧会や公募展の作品を早くしないとと、
焦ってきました・・・

これまで季節の出来事が中心で、制作風景を載せてないような・・・
そんなわけで一つ製作中の作品から。
30cm程度の鉢を「輪花」にします。

まずはロクロで成形したものを削って仕上げします。
20101130-1.jpg

次にカットするところにあたりをつけます。
20101130-2.jpg

そしてナイフを使ってカットします。
このナイフですが、今では百均に売ってます!
20101130-3.jpg

カットした後をきれいにして、文様もつけます。
20101130-4.jpg

乾燥して、素焼きして、化粧土で装飾して本焼成します。
上手く焼き上がりましたら、またここでご報告します。
いつまでも載せないときは失敗したと思ってください・・・

さあ明日から師走です。
作業の速度を上げます!!
posted by 珀耀窯 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 陶芸の出来事

2010年10月18日

陶器まつり終了・・・

土日と好天に恵まれ、大変多くの方に丹波の地を訪れていただきました。
珀耀窯も多くの方にご覧いただくことが出来ました。
ご来窯くださいました皆様には御礼を申し上げます。

20101017.jpg

多くの方に「これは立杭焼ですか?」「土が違うのですか?」というご質問をいただきました。
「いえいえ、使ってる粘土は基本的にここの粘土ですよ」とお答えしましたが、ご理解いただけたでしょうか?人それぞれに陶器に抱いてる感覚が違うので、難しいところではありますが・・・

今日は午前中に片付け作業があり、一年に2日間の喧噪から普段の静かな山村に戻ります。
今朝はぐんと冷え込んできました。
いよいよ秋が深まってきます。

今から日本伝統工芸展京都展の撤収作業に向かいます。
posted by 珀耀窯 at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 陶芸の出来事