2014年04月08日

搬入終了!

明日から京都高島屋で個展がはじまります。

DSC_0177.jpg

作品を陳列し、未生流中山文甫会の中山高昌先生にお花をいれていただきました。
大きな作品にもお花を入れていただきましたので、会場が華やかになりました。

一週間、会場に在廊いたします。
ご高覧をいただければ、幸いです。
posted by 珀耀窯 at 23:41| Comment(3) | TrackBack(0) | 展覧会

2014年03月30日

春になりました!

更新間隔が長くなってます・・・
季節は進んで、春になりました。

来週からは4月です。9日からは個展が始まります!
京都高島屋にて初めての個展をさせていただきます。
今回はこの春より、兵庫県いけばな協会の会長になられました、
未生流中山文甫会の中山高昌先生にお花を入れていただきます。
中山先生には以前にも流派の花展で私の作品にお花を入れていただきました。
作品がどのように変わるか、楽しみです。
12日(土)には先生にデモンストレーションもお願いしています。
また、京都高島屋の画廊は大きな会場です。
あと10日あまり、最後の制作に励みたいと思っています。

http://www.takashimaya.co.jp/kyoto/event/index.html#os1815

2014Ktakashimaya.jpg
posted by 珀耀窯 at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会

2013年10月30日

秋も深まりました・・・

9月から続いていた、展覧会そして陶器まつりも
無事にすべてが終了しました。
それぞれにお越しくださった皆様に御礼を申し
上げます。ありがとうございました。

先日のグループ展は陶芸以外の工芸家の皆さんとの
展覧会でした。漆、木工、人形と陶芸とは違う
お話を出来たのは勉強になりました。
個展での作品の新しいアイデアも出来そうです。
来年の個展では出品できるように制作します。

さて、丹波の山々は徐々に色付きはじめてます。
11月半ばにはきれいな紅葉になると思います。
京都嵐山での「うつわ展」も近づいて来ました。
制作を急がないと間に合いません・・・

20131029.jpg
posted by 珀耀窯 at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会

2013年04月29日

第1回陶美展

朝晩、まだ肌寒い日が続いてます。
いつまでこんな天候なのでしょうか…

GWには入りましたが、落ち着かない日々が続いてます。
と申しますのも、いよいよ第1回陶美展が5月1日より
日本橋高島屋にてはじまります。
30日に上京して、展示作業をしますが、全ての作品が
会場に上手く収まるのかと心配してます…
何とか皆さんで力を合わせて、より良い展示が出来ればと思います。

Flyer_omote01_3.jpg

一水会陶芸部展が終了し、この展覧会の発足が決まってから一年半、
あっと言う間でした。ようやく全てが整い、はじまります!
この間、事務局のお手伝いをさせていただき、多くの方々にお世話になり、
色々なことを勉強させていただきました。
私にとっては荷が重いことも多々ありましたが、貴重な財産になりました。
ありがとうございました。

一人でも多くの方に御来場いただければ幸いです。


posted by 珀耀窯 at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会

2013年01月26日

ありがとうございました

岡山天満屋での二人展が無事終了しました。

初めて岡山では展覧会をさせていただきましたが、
伊勢ア先生、外舘先生にお越しいただいてのギャラリー
トークには席が足らないほどの方にお聞きいただき、
ありがとうございました。
陶芸関係の皆様も遠くからわざわざお越しくださり、
感謝の念で一杯です。
また酒井さんともご一緒させていただける機会があればと
思っております。楽しく一週間を過ごさせていただきました。

20130126.jpg

帰ってくると、諸々の公募展も間近に迫ってます・・・
間に合うのかと思いつつ、間に合わせねばと切り替えて
制作します。二月に三カ所、どうなりますことやら・・・

その前に今日からは恒例の伊丹での陶芸教室がはじまります。
ご参加いただく方には色化粧を用いた器作りに挑戦していただきます。
カラフルな器が暖かくなった頃には完成することでしょう!
行ってきます!!

posted by 珀耀窯 at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会

2012年10月09日

伝統工芸展京都展

今日は日本伝統工芸展京都展の展示作業に京都島屋まで
行ってきました。

今年も10月に入り、丹波では黒豆の季節になりました。
篠山市内を西から東に通り抜けますが、国道沿いの田んぼでは京都境まで
黒豆の枝豆販売テントが途切れることなく続いてました。
年々販売してる農家が増えてるような・・・そんなことは無いのでしょうが・・・

今年の京都展は昨年までと違い、展示方法が劇的に変わりました!
今までは少し段差のある平台が大きく2カ所で、作品を見渡せる造作でした。
担当の皆様のご尽力により、作品がより一層栄える展示になりました。
明日からのお客様の反応が楽しみです。

20121009.jpg

来週月曜日(15日)までです。
その後、17日からはJR大阪三越伊勢丹に巡回します。
大阪展の初日には会場当番に参ります。(10:00~17:00)

陶器まつりも20,21日に迫ってきました。
今週から来週末まではちょっと大変です・・・
posted by 珀耀窯 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会

2012年09月22日

第59回日本伝統工芸展開幕!

表記の展覧会に行ってまいりました。
今年も東京・日本橋三越を皮切りにはじまりました!

20120921.jpg

伝統工芸展は陶芸だけでなく、7部門にもわかれた工芸を網羅する公募展です。
今年は59回展です。私の初入選は50回展。途中一度落選して、今年で9回目。
毎年東京で開催される「陶芸部会研究会」にも参加させていただいてます。

研究会は鑑査・審査をしていただいた陶芸家、学識者の先生方が前方に座られ、
鑑審査の今年の経過の報告と、作品の傾向等、感じたことをお話しされます。
今年の鑑審査の先生方を見ますと、この10年で随分と若返った感があります。

右も左もわからずに参加した初入選の時、数少ないお知り合いの先生に多くの
陶芸家をご紹介をいただき、お話しをさせていただいて10年。
ようやくお話しできる先生方も多くなって、楽しむことが出来るようになりました。

実は出品をはじめた頃に、この研究会に行ったことがありました。
もう20数年前です・・・
この研究会に参加したのはある先生が大阪で個展をされてて、拝見した時に
「是非参加しなさい」と言っていただいたからでした。
先に書いた50回展の初入選の時、大変喜んでくださいました。
こんな出会いがあったからこそ、今があります。本当に感謝の念でいっぱいです。

今年の研究会ではある鑑査の先生から「マンネリ」という言葉についてのお話しがありました。
同じことを繰り返してし、変化もしないとなると、作品にも魅力がなくなります。
しかし工芸・陶芸は技術の蓄積がないと表現できません。
このあたりのせめぎ合いを自分なりに消化して、新たな作品が作れるように頑張ります。

もう60回展に向けた時間がはじまってます。
posted by 珀耀窯 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会

2012年06月25日

近畿支部展が終わりました・・・

夕方、JR大阪三越伊勢丹で開催されました
「日本伝統工芸近畿展」の撤収に行ってきました。
片付けは速い速い!あっと言う間に終了しました。

20120625.jpg

近畿展が終わったところですが、日本伝統工芸展(本展)の
締め切りまで、あと半月あまりになりました。
気持ちは焦ってますが、作業は慎重に進めないと!
少しずつ、少しずつ・・・
posted by 珀耀窯 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会

2012年05月16日

ありがとうございました

日本橋島屋での4回目の個展が終わりました。
いつもお越しくださる方、初めてご覧いただいた方と様々ですが、
多くの方に御来場いただき、誠にありがとうございました。

今回は個展向けの新しい展開で展示をさせていただきました。
もっと絞り込んだ展開も含めて、次回には表現できればと
思っております。

20120516.jpg
帰る前に、ちょっと寄り道・・・

4月の広島、今回の東京と、個展が続くと体力的にも、精神的にも
なかなか厳しいものがありました。
ですがゆっくりしてる間もなく、伝統工芸展に向けての制作も
はやくはじめないとと思っています。

posted by 珀耀窯 at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会

2012年04月20日

広島に来てます

火曜日からはじまった広島そごうでの個展も
早半分を過ぎました!

20120420.jpg

多くの方にご覧いただいております。
明日、明後日の土日は天気が悪いようですが
より多くの方にご覧いただければと思っています。
posted by 珀耀窯 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会

2012年03月12日

近畿支部展搬入

今日は日本伝統工芸近畿展の陶芸部門搬入日でした。

朝、自宅を出発して京都へ向かいます。
しかし雪が降ってる・・・
積もりはしないけれど、結構降ってます。
同じ篠山とはいえ、うちのあたり(篠山市の南西部)と
京都府との府県境の東部では気候が全然違います!
大丈夫かなと思いつつ・・・
案の定、篠山の市街地を越えたあたりから吹雪になりました。
でも3月です。山は白くなっても道路に積もることは
ありませんでした。助かりました・・・

お昼過ぎに京都・西陣織会館に到着。
午後一時から受付のお手伝いをさせていただきました。
今年は昨年より若干出品数も多くなったようです。
明日、鑑査・審査が行われます。
20120312-1.jpg
(写真に加工をしています)

帰り道、やはり府県境は吹雪いてました・・・
20120312-2.jpg
posted by 珀耀窯 at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会

2012年03月11日

作品撮影

5月にお世話になる、日本橋高島屋の案内状に使う作品写真を
撮影していただくため、大阪に出かけました。

今までとは少し趣向の違った撮り方で、アングルや光のあて方を
工夫していただきながら、撮影していただきました。

20120311.jpg

これからデザイナーの方にまた一工夫していただき、印刷へと
進めていきます。

明日は近畿支部展の搬入です。
どんどんと時間が過ぎていく、今日この頃です。
posted by 珀耀窯 at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会

2011年10月25日

個展、伝統工芸展大阪展終了・・・

西武高槻店での初めての個展も無事に終了いたしました。
多くの皆様にご覧いただくことができました。
遠くからわざわざお越しくださった方もいらっしゃいました。
ほんとうにありがとうございました。
また来年開催予定の個展に向けて頑張らねばと思っております。

そしてこちらも初めての会場、JR大阪三越伊勢丹での第58回
日本伝統工芸展も無事に閉幕いたしました。
20111024.jpg
夕刻、作品の撤収作業に行ってきました。
陶芸111点の作品がまたたく間に日通のダンボールに収まり、
次の行き先へと旅立ちました。
私の作品は次の金沢展に向け出発したと思います。

しかし今回の伝統工芸展、私は金曜日に当番に行きました。
13時からの当番でしたので、12時半過ぎに行きますと会場は
黒山の人だかり・・・何かあったのか?と思ったほどです。
それから夕方までもの凄い人の流れでした。
いつもならお知り合いの方に来ていただくと、ゆっくりとお話しを
しながら、作品を見られるのですが、今回ばかりは緊張感がありました。
終了の20時にはぐったりでした。

もう一つ、大阪府教育委員会のご依頼で府内の高校で工芸をしている
生徒に解説をしました。
その様子は22日(土曜日)の朝日新聞大阪市内版に掲載されました。
私が高校生に説明してる写真入りで・・・

そして開催6日間の入場者が18,000人を越えたようです。
一日3,000人以上!もの凄い数字です。
こちらも来年も頑張らないと!!
posted by 珀耀窯 at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会

2011年10月21日

開会式

第58回日本伝統工芸展大阪展が開幕してます・・・

20111019.jpg

19日(水)朝、JR大阪三越伊勢丹の開店前のセレモニーです。

もう今日になってますが、21日(金)は13時〜20時まで会場当番です。

ぜひご高覧くださいませ!
posted by 珀耀窯 at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会

2011年10月19日

日本伝統工芸展大阪展

午後にJR大阪三越伊勢丹で第58回日本伝統工芸展の陳列作業が
ありました。

20111018-1.jpg

この春にオープンした百貨店ですので初めての展示です。

20111018-2.jpg

午後2時からの作業も午後4時前には終了しました。
会場は明るく、開放感があり、明日からが楽しみです。

そして大阪・高槻西武百貨店での個展もはじまりました。

20111018-3..jpg

明日はJR大阪三越伊勢丹での開会式に出て、個展会場に向かいます。

posted by 珀耀窯 at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会

2011年10月12日

第58回日本伝統工芸展京都展開幕!

長らくご無沙汰になっておりました・・・

昨日は京都高島屋での伝統工芸展の展示作業に行ってきました。
東京、名古屋展は全ての作品が展示されますが、京都展からは
全ての作品ではなく、その地域ゆかりの作家や、受賞作、保持者の
先生方の作品が中心になります。

20111012-1.jpg

今年は入選が昨年に比べて少なくなってます。
特に陶芸は20%減!
250点ほどの入選数が200点強になりました。
京都高島屋では陶芸の展示は100点強です。
四条大橋から南を望みパチリ!
20111012-2.jpg

週が明けると19日からは、JR大阪三越伊勢丹での初めての展示です。
私は21日の午後に当番で会場におります。
ぜひご高覧ください。

そして、今週末15日、16日は「陶器まつり」、18日からは西武高槻店で
個展がはじまります。
もうしばらくバタバタです・・・
posted by 珀耀窯 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会

2011年09月24日

着けませんでした・・・

前回、ブログにアップしたときは5時間経過・・・
午後1時前に名古屋に到着して待てど、待てど
状況は悪くなるばかり・・・

最初は浜名湖周辺で風速計の値が危険値になり、
静岡県の富士川の増水、架線が切れて停電と
次から次へと様々な事が起こりました。

時間は刻々と過ぎていき、午後9時も過ぎ、
富士川の増水が引かないので、そこから東へは
今日は運転できないとの車内アナウンス。
途中までの折り返しか、ここで打ち切るかは
「ただいま上の方で検討しております。」
なんだその上って?

あきらめて名古屋の友人に連絡し、何とかその日の宿を
確保してから座席をたち、改札へと急ぎました。
もう一度改札で確認すると、まだ運行の最終判断はしてないと
言われました。なんだ???
名古屋駅の中で決定の通達が一本化出来てない・・・

台風は来ることがあらかじめわかってるものですが、
東海、東南海、南海と連動して地震が来ると言ってる中での
対応に非常に不安を感じました。
大丈夫ですか?JR東海さん!
20110924-1.jpg
8時間にわたって眺め続けていた景色です。

台風が過ぎた翌朝、名古屋駅は人があふれ、東京まで
座ることも出来ずに向かいました。

さて、今回の本題は日本伝統工芸展の研究会に参加する
ことでした。
お昼過ぎに会場に着くと、多くの陶芸家の方々がすでに会場に
いらっしゃいました。
20110924-2.jpg
研究会が始まり、鑑査、審査の経過をそれぞれの先生方が
わかりやすく説明くださいました。
毎年出ますが、よく出た言葉は「大きすぎる!」でした。
適度なサイズでいかに存在感のある作品が作れるかという
ことだと思います。

その後はいつものように2次会へと流れて、ホテルに帰ると
日付が変わる頃になっておりました。
また来年に向けて頑張らねば!!





posted by 珀耀窯 at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会

2011年09月21日

備前、そして東京へ・・・

また台風が近づいてます。
昨日からの雨で、お昼頃には河川の水位が相当に高くなってました。
あちこちで被害がまた出ています。
大きな被害にならなければよいのですが・・・

唐突ですが、今年は蜂の巣も多い!
自宅周辺に何カ所にも・・・
庭先の植え込みに出来た直径20cm程のスズメバチの巣。
このままでは危険なので、決死の覚悟で2日にわたり、夜に駆除しました。


現在、備前にて備前焼×丹波焼のコラボレーション展を開催中です。
20110920.jpg
先週金曜日に搬入、展示をさせていただきました。
備前焼陶友会青年部の皆様には案内状制作、搬入日の会場設営、そして懇親会と
たいへんお世話になりました。ありがとうございました。
駅前のお寿司屋さんで海の幸を美味しくいただきましたビール


明日からは東京・日本橋三越本店で第58回日本伝統工芸展がはじまります!
20110920-2.jpg
22日には陶芸部会の研究会、懇親会があります。
今年も参加させていただきます。
小山先生、よろしくお願いいたします!
posted by 珀耀窯 at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会

2011年07月20日

下町ロケット

昨日、月曜日に福井での個展も無事に終了いたしました。
多くの方に御来場いただき、遠くからわざわざお越しくださった方も
いらっしゃいました。心より御礼を申し上げます。

撤収作業を終えて、車で北陸道、敦賀からはR27、小浜から舞鶴若狭道と
200km強を走りました。
先週土曜日から舞鶴若狭道は小浜西ICから小浜ICまでが少し伸びました。
あと2〜3年で敦賀の北陸道につながるようです。

さて、タイトルの「下町ロケット」。
何のこと?と思われた方も・・・
先週のニュースでご存じの方も・・・
そうです「直木賞」受賞作品のタイトルです!

20110719.jpg

受賞した作品を読んだことはありましたが、読み終わった作品が受賞したのは
初めてです。
作者は池井戸潤さん、48歳ですから私より2歳下、同じ世代です。
池井戸さんの小説はもう10作以上読みましたが、きっかけはNHKでドラマに
なった「鉄の骨」。
この「下町ロケット」もたいへん素晴らしく、感動します!
なでしこジャパンと同じく、諦めないで地道に努力することのすばらしさが
清々しく、頑張ろうと思える秀作です!
そしてもう一作、受賞はしてませんが「空飛ぶタイヤ」もおすすめです!!

明日は日本伝統工芸展の作品搬入。
京都まで台風の中、作品を運び、受付のお手伝いをしてきます。
気をつけていかないと・・・

posted by 珀耀窯 at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会

2011年07月15日

ふたたび福井へ

今日の暑さも厳しかったですね…

丹波から一路、福井へ!
途中、北陸自動車道杉津PAから日本海を見た図です。

20110715.jpg

暑さでなんか景色が霞んでます…
丹波は昼間は暑いですが、夜は窓を開けると涼しく、
明け方には肌寒いくらいです。
やはり標高が高いからでしょうか?
私は工房の標高は150mくらいと思ってましたが、東京の
K山さんによると200mとのこと。
都会では下町、山の手ですが、丹波では周りがすべて山ですから
「山の手」ではなく、「山の中」です。

ちなみに津波の心配はありませんが、「山津波(土石流)」や
「鉄砲水」が襲ってくるのが心配です…

明日からの三連休、福井滞在です。
posted by 珀耀窯 at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会