2013年09月22日

彼岸

明日はもう彼岸の中日です。
いつものように彼岸花が咲きました。
昼間は暑いものの、朝晩には涼しい風が吹いています。

20130922.jpg

東京・日本橋三越では第60回日本伝統工芸展が18日から始まりました。
陶芸部会の研究会、懇親会があり、上京してきました。
東京会場の空気感は独特で、地方への巡回展とは違った緊張感があります。
今年は60回展でしたので、先週金曜日に天皇皇后両陛下が会場をご覧に
なられるということで、会場のレイアウトが例年と違っていました。

毎年のことですが、この会場でいろいろな地域の陶芸家の皆さんとお話を
させていただくことが、新たなモチベーションをもたらしてくれます。
ああすれば良かった、こうすればどうだろうと様々な作品制作の事柄が
頭に浮かびます。
これから一年、頭を整理しながら、来年の出品に向けて頑張ります!

明後日24日からは神戸そごうにて、日本陶芸美術協会(陶美展)の選抜展と
香炉展がはじまります。
明日の午後からは遠方より、会員の有志が神戸に来てくださり、展示作業をします。
これほどの規模の陶芸の展示を神戸で見ていただく機会はそうそうありません。
人間国宝の先生方5名を含む、北は宮城県から、南は佐賀県までの陶芸家
40数名の作品展です。陶芸産地も九谷、備前、有田、萩はもちろんのこと、
砥部、京都、美濃、笠間と様々です。
28日(土)の午後2時からは九谷の中田一於先生のギャラリートークがあります。
どんなお話をされるか、楽しみです。

24日の初日、28,29日の土日は会場におります。
その他の会期中も出来る限り、会場に出向きたいと思っています。
ご来場をお待ちしています!



posted by 珀耀窯 at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節の出来事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/76301767

この記事へのトラックバック