2012年09月22日

第59回日本伝統工芸展開幕!

表記の展覧会に行ってまいりました。
今年も東京・日本橋三越を皮切りにはじまりました!

20120921.jpg

伝統工芸展は陶芸だけでなく、7部門にもわかれた工芸を網羅する公募展です。
今年は59回展です。私の初入選は50回展。途中一度落選して、今年で9回目。
毎年東京で開催される「陶芸部会研究会」にも参加させていただいてます。

研究会は鑑査・審査をしていただいた陶芸家、学識者の先生方が前方に座られ、
鑑審査の今年の経過の報告と、作品の傾向等、感じたことをお話しされます。
今年の鑑審査の先生方を見ますと、この10年で随分と若返った感があります。

右も左もわからずに参加した初入選の時、数少ないお知り合いの先生に多くの
陶芸家をご紹介をいただき、お話しをさせていただいて10年。
ようやくお話しできる先生方も多くなって、楽しむことが出来るようになりました。

実は出品をはじめた頃に、この研究会に行ったことがありました。
もう20数年前です・・・
この研究会に参加したのはある先生が大阪で個展をされてて、拝見した時に
「是非参加しなさい」と言っていただいたからでした。
先に書いた50回展の初入選の時、大変喜んでくださいました。
こんな出会いがあったからこそ、今があります。本当に感謝の念でいっぱいです。

今年の研究会ではある鑑査の先生から「マンネリ」という言葉についてのお話しがありました。
同じことを繰り返してし、変化もしないとなると、作品にも魅力がなくなります。
しかし工芸・陶芸は技術の蓄積がないと表現できません。
このあたりのせめぎ合いを自分なりに消化して、新たな作品が作れるように頑張ります。

もう60回展に向けた時間がはじまってます。
posted by 珀耀窯 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会

2012年09月16日

異業種交流

9月に入り、少しずつ秋らしさが出てきてます。
しかし日中はまだまだ暑いです・・・

一昨年あたりから神戸にお店を構えておられる「和菓子屋」の
皆さんと交流を持たせていただいてます。
今回、私よりずっと若い世代の和菓子職人さんの作られる
「工芸菓子」の器に使っていただきました。

20120916.jpg
「桔梗」はお菓子で出来てます。
お皿の上のお饅頭は本物です!
お店は神戸市北区鈴蘭台にある「のぼり屋」さんです。
http://whitechocolate.dyndns.org/~noboriya/
お近くの方はのぞいてみてください。

9月に入りと書きましたが、もう後半ですね・・・
来週からは東京の日本橋三越で伝統工芸展が開幕し、
その後、名古屋、京都、大阪へと巡回します。
大阪展の初日10月17日(水)は会場当番です。
これから忙しい季節に突入します!

posted by 珀耀窯 at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 陶芸の出来事