2012年02月15日

大阪にて・・・

先日、大阪にある国立国際美術館で開催中の
『草間弥生〜永遠の永遠の永遠〜展』を観てきました。

国立国際美術館は大阪の中之島にあります。
地下に展示スペースのある、おもしろい作りです。
この界隈は再開発の真っ最中で新しい建物が増えて
来ています。

さて展覧会ですが、エスカレーターでB1Fに降りたとたんに
『水玉』が迎えてくれます・・・

20120211-1.jpg

チケットをみせて、更にB2Fに降りると展覧会の入り口です。
今回の展覧会のために制作された絵画群は、年齢を考えると
恐ろしいエネルギーで伝わってきます。

ちょっと息抜きの空間もご覧の通り・・・

20120211-2.jpg

爆発してます!
もの凄いエネルギーですね・・・

帰り際のエントランスにも、カボチャが・・・

20120211-3.jpg

勝手に写真を撮ったらダメでしょう!って思わないでください。
2枚は「撮影OK」の作品です。
4月はじめまでですので、行かれる方はカメラを忘れずに!
posted by 珀耀窯 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2012年02月04日

立春

今日は立春、昨日ほどの寒さはありませんでしたが、
相変わらず寒い日が続いてます。

しかし昨日の寒さは異常でした!
朝、工房の屋外にある温度計は−8℃を指してました・・・
刺すような寒さとはこういうことなんでしょうか。

そして今日は伊丹市立美術館で開催中の「キース・ヘリング展」を
観てきました。
http://www.artmuseum-itami.jp/

20120204.jpg

学生の頃(もう30年前・・・)にTシャツの絵柄だったような
記憶がありますが、しっかり観たこともありませんでした。
また、ポップアートというのはそんなに好きなジャンルでも
なかったのですが、良い方向に裏切られました!
何とも言えず楽しいのです。そう、ワクワク感がありました。

絵画だけでなく、陶芸でも観ていると沈んでいくというのか、
嫌な思いを覚える作品に出会うこともありますが、この
キースへリングはテンションを上げてくれる作品でした。
展示の仕方も良かったように思います。

やはり作り手としても観ていただく方を楽しく、ワクワクさせる
作品を作れるようにしなければと思った次第です。
頑張ります!!
posted by 珀耀窯 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節の出来事

2012年02月02日

住吉神社

自宅、そして工房の集落にある住吉神社です。

20120201.jpg

今年はこの神社のまつりごとを執り行う「役」を
させていただきます。
20代半ばにはじまり、今回で3回目。
10数年に一度。
都会にお住まいの方には「何のこと?」と思われる
ことでしょうが、田舎では昔からの風習が残っています・・・

今日は2月1日、これから毎月1日には朝早くお参りして、
本堂の扉を開け、ロウソクを灯すことが一年続きます。
その他にも節目のお祭りにはお参りをします。
今月は3日が初午(はつうま)、4日が立春です。

最初に書いた「役」の字。
ある方に聞きしましたが、「厄年」の厄は本来は「役」の
方だったとのこと・・・
他にもなぜ丹波のような山の中に海の神様の住吉神社が
あるのか?近くには金比羅さんもあります。
また調べてみたいと思います。

posted by 珀耀窯 at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記